【営業時間】昼:11:30~14:00 / 夜:17:00~19:40 オーダーストップ

【定休日】水曜日

【TEL】024-534-1730

English

  • HOME
  • 鰻へのこだわり

鰻へのこだわり

究極のふっくら
飽きのこないあっさり
また食べたくなる味

宮崎・愛知・鹿児島・静岡県産などの高品質な国産活鰻を使用し、練達した職人の技で一串一串手焼きしております。ふっくらと蒸した鰻を秘伝のタレに三度くぐらせ焼き上げております。

鰻といえば、関東と関西で調理の特徴が大きく違ってきます。

関東は「背開き・白焼き・蒸し・焼き=あっさりしてふっくらと柔らかい」、関西は「腹開き・白焼き・焼き=脂がのってパリッと香ばしい」という違いがあります。開業当時は東北にいる職人はそのほとんどが関東から来ており、大亀楼初代渡邊亀吉も東京で職人としての修業を重ねたので、自然と関東の味を持つ舌となりました。

調理工程の中でも大亀楼は鰻の余分な脂を徹底して落とすようにしており、白焼きと蒸し工程で脂を十分に流し、最後の焼きで落としきるようにしています。そこを怠ると鰻は独特の臭みが出てしまう場合があり、脂落としと絶妙な焼き加減が出来上がりにかなり左右します。旨味のみを閉じ込めることで、ふっくらと食べやすく蒸しあがった鰻は、創業時から受け継がれている秘伝のタレに三度くぐらせ焼き上げています。鰻のエキスが加わり日増しに育っていくタレは、優しい甘さのなかにも深みが加わり、老若男女に好まれる食が進む味わいとなっております。

タレはとろみが少なく口当たりがサラッとあっさりした甘みが特徴です。鰻のタレといえば濃厚な甘いタレを思い浮かべる方も多いと思いますが、脂を落とした鰻にはタレがしっかりと染みこむので、口当たりあっさりとしたタレにすることで、最後まで飽きずにどんどん食べ進めることができるようになっています。鰻とタレのそれぞれがお互いを引き立たせる存在となっております。

(蒲焼・うな重はもちろん、牛すき焼きにも同じ秘伝のタレを使用しております。)

私たちは、せっかくの贅沢なのだから満足のいった食事であってほしいと考えております。

美味しいものをお腹いっぱいということにこだわり、その食事がまた特別な思い出となることで、皆様が長らくご愛好してくださる「また食べたくなる味」となることを願っております。

pagetop